寄り合い板

24699
テーマトークの場です。 テーマにそった投稿、聞いてみたいテーマや お話してみたいテーマの投稿もどうぞ

本はすきですか? - すぎな

2018/10/09 (Tue) 22:23:10

新しくひとと出会うと、聞きたくなるのが、
「本は読みますか?
 どんな作家がすきですか?
 いままで読んだ本の中で、
 どんな作品がすきでしたか?」

本の話題からいろんな話に広がるし、
じぶんが知らない分野や作家さんの
ことを聞けると、読んでみようかな、
と新しい扉が開けたりするのが楽しいです。

最近は電子書籍が多いけれど、
やっぱり実際に重みや紙の手触りを
感じ、読むのがすきです。

あなたが最近読んでおもしろかった
本はなんですか?
印象に残っている本はありますか?

Re: 本はすきですか? - すぎな

2018/10/09 (Tue) 22:34:12

さて、では最近読んでおもしろかった本を。

「孤独論」田中 慎弥・徳間書店

田中氏が芥川賞を受賞し、話題になった当時、
テレビで姿を見た瞬間に、
「あ!このひとひきこもり!」
と直感しました。
ひきこもりセンサーが働きました。

「ああ、なんだか気になるひとだなあ」
と気になり、まだ有名でない頃の彼が
ある新聞に載ったインタビューも
こころにとまって切り抜いていたことに
あとから気づきました。

その後、受賞作やインタビュー記事も
読みましたが、
「語られている以外の、もっと奥、
 このひとがどうしてこんな風に、
 なんだか気になるひとなのか。
 いつか語ってほしいなあ」
と思っていましたが、「小説家」である
ことに向き合っておられるようで、
それを知られることはないかな、と思ってました。

が、いつの間にかこんな作品を出版
されていたのですね。知らなかった。

落ち込みの泥沼のなかで、偶然、図書館で
出会ったこことに、呼ばれたような気がしました。
待っていてくれた?呼んでた?
そう思う出会いが、本にはたまにありますね。

この先、またいろんなタイミングで読み返す時、
新しい発見があるのではないかな、と感じます。
良い本でした。

Re: 本はすきですか? こっこ

2018/10/11 (Thu) 00:06:32

どもども、また 来てみました。

本ですか、

自分は ここ2、3年で読書好きになりたくて、
興味のあるやつを あさっては、
一回で1、2ページでへこんだりしてますね(笑)

ここ最近ですと、

作者 岩井俊憲 
本 働く人のためのアドラー心理学

こちらは、テレビでアドラー心理学を紹介していて、
あー 面白い発想だなあって、
思い、駅前の本屋で、本の値段の安い 高いとか
わかんないですけど、
600円だったので 買ってみました。

テレビに影響されて、熱が冷めないうちに
割と読んでみて ためになりましたかね、

最近 読み返すと、すこし難しい発想だな とも
思い返しましたけどね。

もう 一冊は、今年で、
作者 太田光 タイトル 違和感

もともと ラジオが大好きで、
爆笑問題さんも好きで、
太田さんも いじめ 不登校関連の発言を、
TVなどで 仰っていたので、
興味を出して、少し離れた、
大きめの本屋で、中古であったので購入しました。

色々なカテゴリのことが太田さんなりに、
書いてあって面白かったですねえ。

それと もう一冊 いいでしょうか?
書きながら 一番いいのを忘れました。

作者 糸井重里 タイトル ボールのようなことば

糸井重里さんのエッセイ コラム?のようなものです
なんてことのないことを、糸井さんなりの解釈方法で
思ったことを簡単に書いてある本で、

一つ大好きな発想は、
片思いってすごくいいよね、だって絶対に、
振られないし 傷つかないからさ、 っていう
発想に 癒された時期もありましたね。

以上です。  終わり こっこ

P.S 最近 気温差 やら 湿度が乾燥して
大変ですね、自宅近くも救急車の音が多いですね、
お身体 大事にしたいところです。

Re: 本はすきですか? - すぎな

2018/10/11 (Thu) 21:25:46

こっこさん、投稿ありがとうございます。
とっても嬉しいです。

まずはひとつめのご紹介。
アドラー心理学は興味があって、
以前、嫌われる勇気を読みました。
「働くひとのための」というのが、
おもしろそう。気になりました。

爆笑問題の太田さん、たくさん本を
書かれていますね。
以前、読んでいた雑誌で爆笑問題の
おふたりの対談みたいなのが
載ってて、読んでました。

太田さんが、
「俺は無遅刻無欠席のひきこもりだった」
と話されてて、へえ~、と親近感が
生まれたのを覚えています。

最後に、いちばん気になったのが、
糸井重里さんの本の紹介でした!

なるほど、そういう発想もあるのか、
と改めて感じました。

糸井さんの本も、読んでみたいなあ。
図書館で予約かけてみようと思います。
こっこさんの本のお話をお聞きできて、
よかったです。たのしみ。

暑くなったり、突然冷え込んだり。
ややこしい天候ですが、秋と言えば
読書の秋ですね。
おもしろい本とたくさん、出会えますように!

Re: 本はすきですか? - ツヅル

2018/11/14 (Wed) 14:09:27

こんにちは。

本を読むとおもしろいことが多いです。
自分には思いつかないようなことを特別にこっそり教えてもらえたような、教えてもらっているのに自分で発見したような、なんとも言えないよろこびを感じることがあって、でもハズレる時もあるのもミソかなあと思ったりします。
最近は「内容はほとんど理解できないけど、ここにはおもしろいことが書いてあるということはわかる」という本に出合いました。一生かけてつきあっていきたい人に出会えたような気持ちになりました。

それとは別に最近出合えて嬉しくなった一冊を。
「独立国家のつくりかた」坂口恭平 著・講談社現代新書

私は知らなかったのですが、なんと2011年日本に新政府が立ちあがっていたらしく、その初代総理大臣だったりいろんなことをしている著者の考えやそれに至る大まかな過程について述べた本です。オビ文句は「1人で、0円で国をつくった男の記録」。領土も首都も人口もあるんです!

何だか「自分はこれでいいんだな」って思えたり「でもこのままってんじゃ全然まだまだだな」って思えたりしました。
人に疎まれようと「体感すること・考えること」「意見の交感」をやっていこうと思いました。(ちなみに疎まれるのはその気の無い人にもちょっと強めに勧めるからかなあと思います。笑)

「考えるってめちゃくちゃおもしろいよ!」ってどうやったら伝わるんだろう…今の私には悔しくもその力は無いけど、この本にはその力があると思いました。あーくやしい。笑

Re: 本はすきですか? - すぎな

2018/11/14 (Wed) 21:27:03

ツヅルさん、投稿ありがとうございます。

わたしは、出会った方に教えてもらった
本を、図書館で予約して読んでみるのが
すきです。この本も読んでみたいと思います。

最近読んで、面白かったのは、
初めて行った図書館で借りた、
「コトノネ」という雑誌です。
障がいを持った方の生き方が
たくさん詰まっていて、内容が
濃かったです。また本屋さんでも
探そうと思いました。
図書館や本屋さんによって、カラーが
違って、取り扱う本にも違いが
あるのがたのしいです。

また、一緒に借りた本は、
障がいや病気、ひきこもり、ニート
などの方々を積極的に雇用する会社、
という宣伝で魅かれたのですが、
読むにつれ、違和感を感じ、ある文章で
決定的にこれはおかしい、と思いました。

ネットで調べてみると、やっぱり
黒い感じがしました。

以前も、どうしても内容が嘘くさいなあ
と思って調べたら、同じような結果が出て、
なるほど、文章にも「胡散臭さ」というのは
きっちりと出るのだな、と思うと、
たった50音の組み合わせのみで表現
される「言葉・文章」にも、パワーがある
のだなあ、とおもしろく思いました。

Re: 本はすきですか? - すぎな

2018/11/17 (Sat) 10:34:20

いま読んでる本。有名すぎるかと思いますが、
「学校へ行きたくない君へ」全国不登校新聞社 

以前立ち読みしたときは、心に素通りでしたが、
樹木希林さんのドキュメンタリーを見て、
それまでの、テレビで見る樹木希林さんの
言動への違和感がじぶんの中で腑に落ちて、
親しみと、すごい人生の先輩だと
感じたのが、再び手に取ったきっかけです。

樹木希林さんを初め、たくさんの有名人への 
インタビューが載っています。
タイトルでは不登校が全面に出ていますが、
ひきこもりはもちろん、生きることについての
大事なものがぎゅっと詰まってます。

不登校新聞は、創刊時からしばらく購読していた
こともありました。
有名人の方々の、インタビュアーに対する
真摯な受け答えから、取材にあたられた
方々の、仕事に対してだけでなく、
じぶん自身や社会に対しての熱心な姿勢が
感じられ、そこもまた読み応えがありました。

Re: 本はすきですか? - すぎな

2019/02/07 (Thu) 12:01:17

図書館の新刊棚で何気なく手に取った
小説が面白くて、その作家さんを
読み進んでます。

森沢明夫さん。映画化された作品も。
最初に読んだのは、
「水曜日の手紙」
実際にあるサービスを元にしたお話。
水曜日の出来事を投函すると、誰かに
その手紙が届き、じぶんの手元にも見知らぬ
誰かの水曜日の出来事が送られてくる、
というもの。
後半がちょっとダレたけど、良かった。

そして次に読んだのが、
「たまちゃんのおつかい便」
買い物弱者と呼ばれる地域の方々に、
動くコンビニとして移動販売を始める
女の子のお話。ひきこもりの女の子や、
母の事故死、新しいフィリピンの義母との
関係。

テーマは盛りだくさんですが、ふんわり明るく、
優しく、楽しくて、心理描写が上手で一気読み
してしまいました。

わたしは前職の頃から移動販売に、なぜか
とても心ひかれます。免許ないけど!(笑)
タイトルと内容紹介を見て、即座に借りました。
とてもおもしろかったです。
お父さんと、幼なじみのキャラが特に
お気に入りでした。

Re: 本はすきですか? - こっこ

2019/02/11 (Mon) 03:21:50

すぎなさん

お久しぶりです!

なんだか気になり、
パソコンの中の大量のブックマークからたどり着きました




学校へ生きたくない君へは

図書館でチラ見して、

東大教授?の 安富歩さんの
インタビューで、

「自分は、勉強は普通に出来ちゃったから、
京都大学に入れても 全然嬉しくなくて、
ポケットモンスターじゃないけど、
親がトレーナーで、自分がポケモンみたいな
感覚だったんじゃないかなあ。

要は、ずっと親の期待に応えてきた感じ、

その後も いろいろやって、
最近 
女性装(じょせいそう)し出してから、

(わかりやすく伝えると 女装のこと、
女性の姿を装う という事なのかな)


やっと、自分を取り戻した!という、
感覚がしたんですよね。」

などのような 事が書いており、

学歴って なんなんかなー・・・
となりましたねえ、

なにせ、
日本ではトップレベルの大学に、行って 

日本の一番うえの、
大学で教授になっていた方のお話ですからね、


「水曜日の手紙」
面白そうですね!


小さいころから、
本を読まない習慣がついてしまい、
人から進められないと、
読まないので(笑)

今度 図書館に行く機会があれば、
探してみたいですー。

終わり すぎなさんからのお返事嬉しい こっこ。

Re: 本はすきですか? - すぎな

2019/02/11 (Mon) 18:29:48

こっこさん

こんにちは、おひさしぶりです。
辿り着いてくださって、ありがとうございます。
こちらこそ、こっこさんの書き込みが
いつもとても嬉しいです。

「頭が良い」とされてる方には、
そんな風に感じられる場合もあるのですねー。
でも確かに「出来ない」「苦手」と
思ってることが出来た時は本当に
嬉しくて、なんでもないや、って
思うことだと、出来ていても満足
できないことってあるな、と思いました。

わたしも、こっこさんの書き込みで
気になったので、今度探してみます。
教えてもらった本、いくつか読ませて
いただきましたよー!面白かったです。
またよかったら教えてください。
ではでは、いつもありがとうございます。

Re: 本はすきですか? - すぎな

2019/05/14 (Tue) 21:29:25

図書館で、長く予約をかけてた本が
ようやく届いた。鏡の孤城。 

前評判で、とても楽しみにしてたのだけど、
心理描写がわたしには多すぎて、
読み進められず断念。相性か。残念。

いま読んでるのは、鹿の王と、
人質の朗読会。
鹿の王は、上橋さんの作品だなあ、
という感じで、追われるもの、
能力者、政治、国などのテーマ。

人質の朗読会は、博士の愛した数式の
文体があまりにも綺麗だったのと、
以前話題になってたなあと。

まだ冒頭だけど、のっけから、人質の 
結末から語られるすごさ。
そこが主題じゃないから、ますます
その後の文章が深くなる。
始まった所だけど、楽しみ。

ヴィオラ母さんも、漫画部分のみまずは読了。
おもしろかった。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.